MICS-EX

  • 直感的な操作性でカルテ記載や
  • オーダー入力の一連した診療業務のサポートします

カルテ
当日カルテと過去カルテを1つの画面で表示、過去カルテは診療科や診療行為、SOAP種別ごとに絞り込みが可能なため過去の記録を瞬時に呼び出す事が可能です。 SOAP入力やオーダー入力時に予めテンプレート化する事でキーボード入力を極力少なくしカルテ記載にかかる時間を省略します。

処方履歴
かかりつけ患者の処方履歴を簡単に確認ができます。その履歴からそのままDo処方が可能なため、 確認とオーダーを同時に行います。

オーダーセット
入院時指示セットやパスをDr.ごとに自由に作成が可能で、数回のクリックでオーダーが完了します。 入院確定から指示が出るまでの業務を簡素化し、病棟とのスムーズな連携を実現します。

テンプレート機能
内視鏡所見やエコー所見などテンプレートとして任意に用意することができます。テンプレートに沿って入力やチェックをつける事で所見が出来上がります。また、点数計算の必要な評価表としても使用することが可能です。

  • 日常業務の効率化

外来患者一覧
診療科、診療医師別に受付された患者様を表示します。 各オーダー別のステータスが表示され、ステータスで診療の進行状況の把握ができます。

外注検査オーダー
外注検査センターとの連携により、オーダーに伴う検査依頼票と検体ラベルシールの自動印刷が 可能です。伝票の手書き作業が無くなり、業務時間の短縮や記入漏れのエラーを防止します。

文書管理
患者様ごとの文書管理をシステム内で行います。今まで使用していたExcelやWordを用いた文書もMICSに登録いただく事ができます。 データベースを介す事により、文書作成時に氏名や住所などの患者情報を自動転記する事が可能です。 また、文書作成補助ツールを使用しカルテ記載内容や検査結果などより多くの情報を手軽に文書に転記する事も可能なため、紹介状やお返事作成に要する事務的負担と時間を軽減します。

  • 多忙な病棟業務を効率化
  • 情報の管理・整理を行い業務の効率化を実現
  • 患者様に向き合う時間を最大限サポート

看護支援システム
患者様の疾病に対してはもちろん、家族構成や生活状況など患者様の背景までも把握し、患者様に沿った看護を提供する。これを実現するために現場では看護記録、患者様の状態の評価、服薬確認、医師からの指示確認、採血や点滴などの治療行為等多忙な業務を行いながら全ての情報をカルテにまとめています。 これらの情報を入院アナムネ看護記録ワークシート経過表といった機能を使用し、まとめる作業とまとめた情報を確認する作業の時間を軽減します。他にも、褥瘡・ADL・転倒転落・認知症等の患者様の状態の評価と管理をするための機能も備えています。

  • リハビリ指示の作成からスケジュール管理や実施計画書の作成まで
  • 一貫したリハビリ業務をシステム管理

リハビリシステム
医師からのリハビリの指示に対し、担当ごとにスケジュールなどの詳細を登録します。 詳細情報を登録する事で、担当ごとのスケジュールを並べて確認でき、より効率的に患者様の予定を 組んでいく事が可能です。 また、疾患別リハビリテーションの予定単位数や実績単位数も担当ごと・患者ごとに自動計算します。 総合実施計画書等の作成の有無も一覧から判断ができるため業務の確実性を向上させます。

  • 一度に数十人分の対応が必要な透析業務
  • 限られた時間で行う業務の事前準備をサポート

透析システム
透析患者一覧では曜日別・時間帯別に患者様を表示します。 ダイアライザーやヘパリンなど患者様によって様々な組み合わせがある透析オーダーですが、透析専用のオーダーメニューを作成する事で一連の流れでオーダーが完了します。